誰でもできる復縁までの10段階の道

誰でもできる復縁までの10段階の道

 

相手の気持ちを取り戻すことに成功した人には共通のパターンがあります。

参考にしてみてください。

 

1.着信すら切られる。話し合うことが出来ない時期

別れの直後には、相手の事を思い出すことも辛く思われるものです。
しかし、あなたの事を嫌いになってしまったわけではありません。
この時期大切なのは忍耐。相手がひとまず落ち着くまで、待ってあげることです。

 

 

2.会うのは構わない、ただ二人きりはちょっと……という時期

極端に避けられるということは無くなります。会うくらいならOKと言って貰える頃。
辛い記憶もいつか必ず薄れてくるのです。
ただし、やはりまだ二人きりになるのには臆してしまうようです。

 

 

3.時折電話やメールをしても敬遠されない。打ち解け始める時期

この時期にはもう、友達として付き合う分にはあまり問題無いと思えてきます。
連絡を取り合うこともできます。
しかし、ここで急いで復縁を進めようとしてはいけません。
まだ完全には別れを忘れて貰えた訳では無いのです。

 

 

4.他の人を交えてならば、遊びに行くこともできる時期

グループでならば一緒に遊ぶことも抵抗なく出来ます。
二人きりになるのを避けようとするのは、あなたの事を大切に思うから。
けじめの無い関係はお互いに苦しむことになる、と危惧しているからです。
相手の気持ちを尊重して、見守ってあげて下さい。

 

 

5.二人きりでも、食事くらいならOKしてもらえる時期

ここまで来られれば、辛い思い出を新たな二人の歩みに変えられる可能性は高まっています。
仲の良い友達として良い関係を保っていると言えるでしょう。

 

 

6.一緒にいる時間を大切に思い始める時期

友人として、また異性として、相手を大切にしたいと思い始める時期。
元恋人としてよりも、仲の良い友人としてあなたを意識してくれていると言えるでしょう。

 

 

7.改めて、あなたが唯一無二の存在であると思い始める時期

次第にあなたに対し再び恋愛感情を抱き始めます。
一度別れてしまった経験が邪魔をしますが、それでもあなたの事を大切な存在だと思ってくれます。

 

 

8.相手が復縁を意識し始める時期

はじめは軽い冗談に交えてですが、復縁をほのめかす態度を取り始めます。
このような話をちょっとした話題として出せるようになったという事。
相手がかなり復縁を意識しているという証拠です。

 

 

9.冗談から、実際に復縁を考え始める時期

復縁について、具体的に考え始め、話題に上る回数も増えていきます。
ここまで来れば、どちらからともなく真剣に復縁を考える話が出ることは必至です。

 

 

10.再び二人で歩み始める

 


 

多くの人は、このような流れで相手の気持ちを再び掴んだようです。
復縁、と言うよりは再び恋をする、と言った方が正しいのかもしれません。

 

そして恋愛のように、焦りは禁物です。

相手の気持ちをゆっくり解きほぐすことで、心を許して貰えるのです。
なによりも、相手に信頼してもらうこと。
それが復縁後の二人にもきっと良い影響を及ぼすはずです。

 

 

とにかく致命的な失敗は焦りから生まれるものです。
この順序に従って、焦らずゆっくりと進めていきましょう。
もっと細かく復縁方法が知りたいなら
復縁マニュアル口コミサイトで
復縁マニュアルを探しみると良いかもしれません!