誰でもできるパターン別復縁方法

誰でもできるパターン別復縁方法

 

自然消滅の場合

このタイプの場合、まず連絡してみることが解決への近道です。

自然消滅の場合、相手が「この関係は消滅した」と思っているかどうかまだ分かりません。
連絡によって、案外あなたの早とちりであったり、ちょっとしたすれ違いであったりして復縁につながる可能性もあります。
自分で判断せずに相手に確認することがまずすべき事です。
相手からの連絡を待ち続けていると、待っているうちに本当に(相手にとっても)自然消滅してしまう危険があります。
自然消滅の場合はお互い気持ちを引きずってしまい、釈然としない思いを抱えてしまうことが多いです。
そのままヨリを戻そうとする場合でも、一度別れて関係を清算した状態から復縁を目指す場合でも、一度お互いの気持ちを確認しなければなりません。
復縁を目指すなら、面倒だと思わず丁寧に対応していきましょう。

 

 

 

喧嘩別れの場合

この場合何より大切なのは冷静さです。

喧嘩のあとには相手も自分も冷静さを欠いて、つい相手との復縁などあり得ないような気持ちになってしまいます。
それでもあなたが復縁したいと思うなら、あなたも相手も落ち着くまで辛抱強く待つことです。
人は時間に癒される生き物です。
その時にどれだけ怒っていたとしても、永遠にその怒りが続くことはありません。
まず喧嘩の後、あなたが後悔したならばすぐに謝っておくべきです。そして、お互い落ち着いた頃再び謝ってみてください。
喧嘩の最中の話し合いはお互い感情的になり、火に油を注ぐ結果になりかねません。
しばらく時間を置くこと、そして、謝るタイミングが重要となります。
また、喧嘩の原因となったもの二人のそばから遠ざける必要もあります。

 

 

 

相手に新しく好きな人が出来た場合

この場合、復縁の難易度はかなり高めです。

ただし、諦めてしまう必要はありません。焦らず手順を踏んでいけば十分に可能性は残っています。
と言うのも、この場合相手の興味は今あなたにありません。
焦らず騒がず、良き友人として近くに居続けるようにしてください。
いずれチャンスが巡ってくるときをじっくりと待つのです。
どんな話に対しても友人として最高の対応をすることで、相手の信頼を得ることを第一の目標とします。
相手があなたと居ることに安心感を覚え始めたら、必ず復縁のチャンスは巡ってきます。
ただじっと待つことは辛いと思いますし、相手の好きな人に対する焦りも生まれるかもしれません。
それでも時間をかけて相手の事を理解しようと努める態度は、相手にも必ず伝わります。
諦めず、気長に待つことが解決策と言えるでしょう。

 

 

 

結婚寸前で別れた場合

この場合、なぜ愛し合っていたはずなのに別れてしまったのかを深く考える必要があります。

大抵の場合、相手に対する気持ち云々というよりも「結婚適齢期」的な常識に縛られてうまく身動きが取れなくなってしまっています。
お互いに対する信頼が足りなかったと言い換えることも出来るでしょう。
お互いに、相手について何が不安で結婚を躊躇ったのか、自分のどこがいけなかったのかを分析してみてください。
その原因が分かり解決できれば、すぐに復縁が可能です。

 

誰でもできる復縁方法に、復縁おまじないもあります!
強力な復縁おまじない
ぜひお試しください♪